WebデザイナーでもHTMLスキルは必要なのか考察【ホームページ制作の現場から】

こんにちは、メディアワークス株式会社の舘口(たてぐち)@tomo_mdwsです。

今日はWebデザイナー志望でもHTMLは習うべきか?というテーマでお話をしていきたいと思います。

結論から言うと、HTMLはホームページ制作に携わる仕事をする上では、HTMLは必ずあったほうがいい知識です。

学校の教科でいうところの「必修科目」に近いものとなりますので、Webデザイナー志望でも、HTMLスキルは押さえておくに越したことはありません。

デザイナーでもHTMLスキルはあったほうがいい理由。

ホームページ制作の現場では、デザインを構築するデザイナー、制作されたデザインをコードに書き換えてホームページの形にするコーダーと、分担されている場合が多いです。

「Webデザイナー志望だし、HTMLを習わなくていいのかな?」という疑問を持つ方もいると思います。

しかし、デザイナー志望の場合でも、HTMLは習得しておいた方がスムーズに仕事を進めることが出来ますし、より完成度の高いデザインをつくりだすことができます。

実際の制作現場での稼働する点なども含めて、HTMLスキルを習得したほうがいい、具体的な理由は以下の3点です。

HTMLコーディングを頭に入れたデザインができる。

デザイナーでも、HTMLを習得しておいたほうがいい理由の1つ目は、完成時をイメージする感覚を持てる事です。

HTMLスキルのあるデザイナーは、潜在的に「これをコーディングするには?」という思考を持ってデザインをすることができます。

そのため、制作デザインもホームページが完成した完成形をイメージして、コーディングの手順まで、頭に入れて作業をすることが出来ます。

つまり、HTMLスキルがあることで、コーダーが制作しやすいデザイン、制作しにくいデザインというものを、理解することができるため、次のステップで待ち受けるコーダーに対して、スムーズな仕事の橋渡しをすることができます。

さらに、仕事ができる優秀なデザイナーの場合、HTMLでどういった記述にすべきかのイメージ案まで、メモ書きしつつコーダーに引き渡す優秀なデザイナーもいます。

対して、HTMLスキルがないデザイナーの場合、コーディングに全く意識が向いていないデザインの仕上がりとなります。

つまり、次のステップで待つコーダーが「これどうやってコーディングすればいいの?」といった、コーディングに戸惑ってしまうような、HTML記述を完全に無視したデザインとなる場合があります。

その結果、デザイナーとHTMLコーダーの打合せの手間が発生してしまい、仕事の進捗が悪くなってしまいます。

また、デザインがコーディングと相性が悪い場合には、修正・手直しとなってしまい、自分自身の負担も増えてしまうのです。

結果的に、ホームページ制作はチーム作業であるため、どういった手順の人が、どういった仕事をしているかという点を理解することが、円滑な業務を進めるうえで重要なポイントとなります。

コーダーなど他スタッフの負担を軽減できる

そして、デザイナーでもHTMLスキルを身に付けておきたい二つ目の理由は、ホームページ等のデザイン修正依頼があった時です。

通常、お客様から修正依頼があった場合、お客様の希望に従ってデザイナーがデザインを完成させます。その後、FTPなどを使用して、新しいデザインをホームページに反映させる作業となります。

もし、デザインしか出来ない場合にはその時点で作業はストップしてしまい、次のスタッフに依頼する必要がでてきてしまいます。

しかしながら、現場感覚としては、ホームページに反映させる簡単な作業は、デザイナーがそのまま、反映させる作業まで進めてもらえると助かる場合が多いです。

もし、全くHTMLが触れず、ホームページに新しいデザインを反映させる方法がわからない場合には、デザインが完成した時点で次の作業はできなくなってしまいます。

しかし、自ら作成したデザインを、自分の手で反映まで持っていける場合には、他のスタッフの負担を減らすことが出来る為、忙しい現場においては、とても重宝されます。

特に、Web制作やホームページ制作の現場は、集中力が求められる環境です。

そのため、他人から仕事を依頼されたり、依頼したりする場合には、相手の仕事や思考を強制的に中断してリセットさせてしまうことになります。

特に、メモ書きなどをせず、頭の中で組み立てている場合には、その内容はドラクエのようにセーブしておくことができません。つまり、話しかけられて中断した時点で、改めて思考ゼロから始めなければならないのです。

結論として、Webデザイナーであっても、HTMLスキルを身に付け、カンタンな作業はある程度できるようにしておくことで、現場で信頼されるスタッフとなりえることができます。

「デザイン・HTMLコーディング」の両方ができる=独立も視野に

Web業界で仕事をする上で、「デザイン・HTMLコーディング」の両方ができれば、ある程度は一人で仕事をこなすことができます。

つまり、将来的な独立・起業といったものも視野にいれることができるようになります。

会社などでは、チームで作業を分担してホームページを製作するケースが多いですが、もちろん分担しなくてもすべて一人で行うことも可能です。

つまり、自分で仕事をとってきて、自分ですべてこなすことができれば、誰にも頼らず独立して、自分の力だけで仕事を進めることができます。

結論として、HTMLスキルを身に付けるデメリットはありませんので、デザイナー志望であっても積極的にHTMLスキルを習得することをおすすめします。

WordPressもHTMLで成り立っている

Web制作の現場で、多くのシェアを誇っているWordPressももとをたどればHTMLで記述されています。

従って、Wordpress案件自体もHTMLスキルがあれば、修正・調整は対応できることなります。

結論として、デザイナーであってもHTMLスキルがあったほうがいいというのが結論です。

HTMLができるかは必ず聞かれる!

Web制作会社などに就職を検討している場合、HTMLスキルの有無は真っ先に聞かれる内容です。

HTMLができるという場合、上記のように、様々な簡易的な作業も任せられる為、役立つスタッフであると証明できる点では未経験と比較してもとても有利です。

Web制作の現場では、イヤでもHTMLを触る機会・読む機会というものが増えます。

基礎中の基礎ということで、今後もHTMLはなくなる可能性はありませんので、どのような業務を行うにしても、身に付けておいて損はないスキルと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です