ホームページのタイトルを決めるコツ

このホームページ制作講座は、地域の個人事業主・中小企業様向け、集客力向上・売上アップをテーマに構築していきます。

この講座のコンセプトは、こちらの記事をご覧ください。

ホームページをつくることが決まったら、まずはホームページのタイトルを考えていきます。

タイトルは、ホームページの看板となる、大切な文言です。おおよそ30文字~40文字前後で、しっかりと練り上げていきましょう。

なお、記述する方法は、スマホのメモ帳でも、Wordファイルでも、なんでも構いません。

後から、ホームページ構築の際に使いますので、参照しやすい場所に保管しておいてください。

良いホームページタイトルとは

まずは、結論から言うと、売れるタイトル・効果が上がるタイトルとして、最もおすすめなのは、「店名(会社名)・地域名・業種」の順番で記載する方法です。

実際に、結果を出している事例は下記の通りです。

こちらは、業界最大手の集客サイトよりも、地域内で上位に表示されています。

現在では、スマホについているGPS機能を使って、検索結果を表示する際に、現在地に近いおすすめ店をだしてくれる機能がついています。

この現在地に、近隣にお客様に対して、自社ページを上位に表示させて、優先的に閲覧してもらう対策のことを、ローカルSEO対策といいます。

地域の個人事業主・中小企業様がWEB活用をする場合、このローカルSEO対策は極めて効果的です。

タイトルに「地域名」を組み込んでおくことで、ローカル検索に強いサイトへの足掛かりができます。

例えば、具体的な例をあげていきます。

  • ○○レストラン ○○県○○市の洋食・イタリアン
  • ○○整形外科 ○○県○○市 スポーツ外来・日帰り手術対応
  • ○○電気 ○○県○○市の電気工事店 太陽光発電・エコキュート
  • ○○サロン ○○都○○区の美容室 メンズカット・メンズパーマ
  • ○○塾 ○○府○○市の学習塾 東大進学・受験対策

上記のように、検索で獲得したい、アピールしたい特徴などがあれば、末尾に入力しておきましょう。

もし、将来的に商材が変わったりした場合には、いつでも書き換えられます。

以上のように、タイトルには、お店の根幹となる文章を組み込むことが欠かせません。

ホームページの説明文を考える

タイトルが決まったら、ホームページの説明文を書いていきます。

システム的にはメタデスクリプションという、ページの説明文を搭載する機能のことを指します。

この概要欄には、ホームページのタイトル、お店の特徴などを、120文字前後で紹介していきます。

ここで決めた説明文は、検索結果欄に引用される可能性が高い文章です。

*検索結果の説明文になにが掲載されるるかは、Googleが判断していますので、必ずしも、引用されるとは限りません。

短い文字数で、いかにお店の魅力を伝えられるようまとまっているかは、とても重要なポイントです。

お客様は説明欄の文章を読んでいますので、お客様にニーズにあった文章が書ければ、検索順位が低いところからでも、集客に繋げられる可能性が高くなります。

内容的には、自分のお店を利用する際に、お客様がどういったワードで検索してくるか、どういった事を不安に思っているかなどを想定して、お客様目線で書いてみることをおすすめします。

ホームページのタイトルと説明文(メタディスクリプション)が、用意出来たら、次のステップに進んでいきましょう。

もし、タイトルと説明文がうまく書けない場合、分からないことがある場合は、可能な限り、お答えしていきたいと思いますので、コメント欄などからご相談ください。

ここまでの講座で用意できたもの

  • ホームページのタイトル(title)
  • ホームページの説明文(meta description)

次は、トップページの内容について解説していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です